エピサラは医薬部外成分であるチオグリコール酸カルシウムで毛根にダメージを与えるという方法の除毛クリームです。

 

エピサラをはじめ除毛クリームによく配合されている成分、チオグリコール酸カルシウム。このチオグリコール酸カルシウムという成分がどのようなはたらきをしているのかというと、ムダ毛のシスチン結合を切り離しているのです。

 

ムダ毛や毛髪などにはケラチンという成分が多く含まれていますが、ケラチンはタンパク質でできた物質です。そしてケラチンの結合を強くしているのがシスチン結合です。つまり、シスチン結合を切り離してしまうと毛髪成分のケラチンの結合が弱くなるということになります。そうした状態になると簡単にムダ毛が除毛できるのです。

 

チオグリコール酸カルシウムによってムダ毛の成分を分解して除毛しやすくしているエピサラは毛穴を開き、毛穴内部の毛根にまで働きかけられるように作られています。だからエピサラは毛根からしっかり除毛できます。

 

もし毛根部分にチオグリコール酸カルシウムが浸透しなかったら毛穴の内部には発毛組織である毛根が残ってしまい、毛穴から出ている部分を除毛してもすぐにむだ毛が目立つようになります。でもエピサラは毛根から除毛できるので次に発毛するまでの期間が長いのです。

 

ムダ毛処理をこまめにしなくてはならないのは面倒なのでエピサラのように簡単な使い方でしっかり除毛できるのがいいですね。

 

気になる肌へのダメージも保湿成分がきちんとケアしてくれるので心配ありません。除毛クリームを選ぶときにはぜひエピサラを検討してみてください。





カテゴリー : エピサラの概要