エピサラの効果や使い方、口コミなどを解説しています。エピサラは、わずか5分でツルツル・すべすべ肌を実現する脱毛(除毛)クリームです。ムダ毛にお悩みの方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • エピサラと脱毛に関するアレコレ

エピサラと脱毛に関するアレコレ

市販の脱毛器とエピサラの特徴

脱毛器を使った脱毛とエピサラを使った除毛、それぞれの特徴をまとめてみました。

 

 

まず脱毛器を使った脱毛からです。

 

最近はいろいろな種類の脱毛器が市販されているので自宅で自分で脱毛することもできますが、市販の脱毛器で脱毛した場合、肌への負担が心配です。市販の脱毛器を使うと肌の赤みがおさまるまでケアが必要になります。

 

脱毛器の脱毛にかかる1回あたりの時間はおよそ30分といったところです。比較的短時間ですませられる方法ですね。脱毛の頻度は個人差もありますが週1回程度ではないでしょうか。

 

市販の脱毛器の価格は機種によって幅がありますが、いずれも脱毛器の寿命というものがあるのである程度のサイクルで買い替えが必要になってきます。一度買ったらずっと使えるわけでもないので結構費用がかかる脱毛方法ですね。

 

脱毛の施術で気になるのが施術の痛みですが、脱毛器の場合、脱毛したい部位によってはかなり痛みを感じるということを知っておいたほうが良いでしょう。

 

 

ではこうした脱毛器と比べてエピサラはどうでしょうか。

 

肌へのダメージですがエピサラは肌ケアのために完璧な成分が配合されています。また除毛にかかる時間はたった5~10分。これを週1回で十分なのです。そして除毛にかかる費用はエピサラの価格分だけ。ちなみにエピサラは1本2,980円です。エピサラでうれしいのは除毛で痛みを感じることはないということですね。

 

 

脱毛器とエピサラの特徴をみてみればやはりエピサラを選択する方が多いのではないでしょうか。肌にやさしくにおいも気にならない除毛クリームエピサラで効果的に除毛するのがおすすめです。

カミソリで脱毛するのは危険

脱毛方法としてカミソリを使うのは危険です。

 

カミソリなら簡単・安価で手に入るのでムダ毛を剃って脱毛する方も少なくありません。でもカミソリで脱毛するのは肌への負担が大きく危険なのです。

 

カミソリで脱毛しようとするとカミソリで剃っているのはムダ毛だけではありません。皮膚の表面も削り取っているので保湿力が落ちて乾燥しやすくなるうえ、肌がカミソリの刃で細かく傷ついてしまいます。

 

カミソリで脱毛してムダ毛は目立たなくなっても肌が赤くなってしまったり、カミソリの使い方が悪いと切り傷になってしまったりします。

 

カミソリでの脱毛後の肌の赤みはカミソリ負けのケアが必要です。カミソリ負けのケアのためのローションなどを塗ってきちんとケアしないと赤みや痛みがなかなかおさまりません。

 

カミソリで脱毛して肌に傷がついていた場合、注意しなくてはならないのが傷口からの感染です。ひどいときには化膿してしまうケースもあり危険です。カミソリでの脱毛をするなら脱毛後の肌のケアを手抜きしないようにしてください。

 

カミソリでの脱毛は気になったむだ毛をすぐ簡単に剃ってしまうことができますがその後の危険を考えるとそれほどおすすめできる脱毛方法とは言えないかもしれませんね。

 

カミソリで脱毛するのなら、カミソリは清潔なものを使用する、脱毛後の肌のケアをきちんとする、といったことに注意して危険を最小限におさえる必要があります。

 

このようにカミソリでの脱毛はメリットもありますが、デメリットも大きいものです。どちらもよく理解したうえで利用しましょう。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) エピサラの効果、使い方、口コミなど解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「エピサラの効果、使い方、口コミなど解説」(http://www.latelierdemaya.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。